りんご7976はおかずにしても美味しい!相性のいい食材3選

りんごは癖がなくてほんのり甘く瑞々しく、生ではもちろんのこと火を通してもより一層甘くやわらかくなって美味しく食べられます。りんごを調理する場合、果物なだけにデザートに使うのが一般的かと思われますが、実はおかずに使っても美味しいんです。そこで、りんごのおかずに合う食材を3つ選んで、調理法を例に挙げながらご紹介します。 まずはお肉。鶏や豚のソテーと一緒にりんごをソテーしても美味しいですし、すりおろしてソースにするのもいいでしょう。肉巻きなんかもおすすめです。りんごのほどよい甘さやフルーティーさがお肉をより美味しくしてくれます。 次はチーズ。チーズの塩分とまろやかさが、りんごとの相性を良くしています。りんごは生で野菜と一緒にサラダに入れてもいいですし、チーズグラタンの上にスライスをのせて焼いたりしてもよく合いますよ。かぼちゃと一緒にグラタンにすると子供も喜ぶおかずになり、ブルーチーズと焼けばワインに合うおつまみにもなります。 最後はいも類。特にさつまいもはリンゴとの相性抜群で、おやつとしてもよく使われる組合せではないでしょうか。りんごとさつまいもをあっさり煮れば、おやつにもおかずにもなれる一品に。じゃがいもなら、肉類と一緒に炒めたりスープにしたりしても美味しいです。 ここで紹介したもの以外にも相性のいい食材はたくさんあります。是非いろいろ試してお気に入りのレシピを見つけてみてください。

腸をきれいに!りんご7976を食べて腸内環境を整えよう

りんごは腸内環境を整えることが期待できる果物です。便を出しやすくするセルロースや、胃腸の働きを良くしてくれるクエン酸やリンゴ酸が含まれているからです。りんごは入手が容易な果物ですから、気軽にその栄養を摂取しやすいのも大きな特徴です。りんごは生で食しても良し、加熱しても甘味が増すので良しと、調理がしやすい果物です。ちなみにりんごの皮のテカリは、オレイン酸とリノール酸という不飽和脂肪酸です。オレイン酸は便秘改善が期待でき、リノール酸は高血圧などに効果が期待できる成分です。つまりりんごのテカリは栄養成分なので問題がありません。