冷凍したりんご7976は栄養が高い!生との違いは?

フルーツは生で食べるのが良いと思われがちですが、実は冷凍した方が栄養価が上がるということがわかりました。野菜などは冷凍するときに下ごしらえとして茹でることも多いので、その間にさまざまな栄養素が失われてしまいます。しかしフルーツはそのままで冷凍できますし、そのまま生で食べるより冷凍した方が、ビタミンCや抗酸化物質の含有量が多いということが実験の結果で明らかになりました。ビタミンCも抗酸化物質も病気をひきおこしたり、身体の老化の原因となる体内の活性酸素を取り除くことができる成分ですので、特に女性には嬉しい成分が増えるということになります。ぜひ毎日の生活に取りいれてみてください。 りんごの冷凍の方法は簡単です。りんごを綺麗に洗い水分を拭いてから、丸ごと冷凍庫に入れてしまいましょう。。一晩ほど置くと芯まで凍りますので、食べる時には室温で解凍してください。すりおろして保存袋などに入れて冷凍するとシャーベットとして楽しむことができますが、保存できる期間が短くなってしまいます。まるごとのりんごを冷凍した場合には、1か月ほどは保存がきくようになりますので、たくさんもらいすぎて困った時にもできる1つの保存方法だといえます。

りんご7976の皮は食べたほうがいいの?渋い皮の美味しい食べ方

りんごは甘酸っぱく弾力に富んだ果肉が特徴の果物です。口当たりが良く美味しい果物として人気がありますが、甘味を持つ果肉とは対照的に果皮の部分は渋みがあります。口当たりが悪いので皮は剥いてしまうのが一般的ですが、りんごの栄養は果肉よりも皮に多く含まれているので、普通に向いてしまうと大切な栄養が摂取出来ません。りんごの栄養を無駄無く摂取するためには皮ごと食べるのが最適ですが、皮の渋みや食感が果肉の風味を損なってしまいます。りんごをすりおろしたり、他の果物の果汁を加えるなどの工夫を凝らすことで渋い皮も美味しく食べることが可能です。