りんご7976は最高の朝食になるのか!?栄養とダイエットについて。

りんごダイエットについては目にしたことがあるかもしれません。実際ダイエットというより減量ですが、ボクシングマンガでもその描写があるくらいです。では実際の栄養価を他の食品と比較してみましょう。 まずりんご1つの栄養価ですが、ここではカロリーのみの記載にさせていただきます。りんごは1つ138キロカロリーで計算されます。(255グラムあたり)対して日本人が朝食で食べる白ご飯は茶碗一杯で240キロカロリー(150グラムあたり)、食パン一枚160キロカロリー(60グラムあたり)です。この数値から読み取れることは、腹持ちがよく、摂取カロリーを抑えられるということです。その他にもりんごには多くの栄養価が含まれており、ずば抜けた高い栄養価はないですが、食べてみると体調不良がなくなったりと、良いことは多いです。 効能としては中性脂肪を減らす、抗酸化力が強い、便秘を解消出来るということで、やはり効能から見てもダイエットに向いている食べ物であるということがよく分かります。 最後に食べ方ですが、やはり丸かじりです。これもボクシングマンガを連想しそうになりますが、皮にはリンゴポリフェノールが多く含まれており、ダイエットにリンゴを食べる上では避けて通れないものになります。ダイエットサプリに比べて安価、健康的なりんごをオススメします。

「りんご7976」は調理すると栄養素が損なわれる?

「医者いらずの果物」とも呼ばれるほど栄養価が高いりんごですが、その効果は調理すると損なわれてしまいます。 りんごに含まれるビタミンCやビタミンB群は熱に弱い性質があるため熱されると破壊されてしまいます。 りんごの栄養素は果実だけでなく皮の部分にも多く含まれています。皮にはアンチエイジング効果の成分である「リンゴポリフェノール」が含まれています。このことからりんごを食べるときにはきちんと洗ってから是非皮ごと食べてみて下さいね!